TOP > 多嚢胞性卵巣症候群の原因 > 多嚢胞性卵巣症候群と不妊症

多嚢胞性卵巣症候群と不妊症

卵巣内に多数の袋が発生し、滞留してしまう多嚢胞性卵巣症候群。これは不妊症の原因にもなります。滞留した卵胞の存在によって排卵障害が発生してしまい、正常な妊娠ができなくなってしまうのです。

この多嚢胞性卵巣症候群が非常に厄介なのは原因がよくわかっていないこと。まだ充分な解明が進んでおらず、原因の特定や予防が難しいのです。また根本的な治療法も見出されていない状況で、万一発症した場合には症状に合わせて最適な治療法を模索していくことになります。

多嚢胞性卵巣症候群が排卵障害をもたらすことで不妊症に関わるさまざまな症状があらわれます。月経不順はもっともわかりやすい症状ですが、そのほかにも多くの卵胞が成長するために卵胞内の男性ホルモンが活発化することで多毛や肥満が発生する、あるいは黄体ホルモンが充分に分泌されなくなることで月経過多症が発生する可能性も出てきます。

ですから、不妊症の対策・治療を行う際には多嚢胞性卵巣症候群を疑ってかかる必要もあるのです。検査では血液検査のほか、超音波によって調べることも可能です。治療内容では排卵誘発剤の使用や手術による治療などがあります。

不妊症の悩みは多くの女性にとって大きな精神的苦痛をもたらすものです。それだけに早期の診断と適切な治療が求められます。多嚢胞性卵巣症候群の場合はとくに完治が難しく、治療も長期にわたる可能性が出てきますから、早めの対策を心がけるようにしましょう。