TOP > 多嚢胞性卵巣症候群の原因 > 多嚢胞性卵巣症候群の薬物療法の副作用

多嚢胞性卵巣症候群の薬物療法の副作用

多嚢胞性卵巣症候群の治療は、まず薬物治療からはじめられます。腹腔鏡下治療による外科的な治療も可能ですが、最初は排卵誘発剤を使用した治療を行うのが一般的なのです。卵巣内に発生した嚢によって排卵障害が起こるのが多嚢胞性卵巣症候群の大きな問題ですから、排卵誘発剤によってそれを和らげることが大きな目的となります。

しかし、多嚢胞性卵巣症候群の薬物療法には副作用が伴います。排卵誘発剤の場合には卵巣過剰刺激症候群という副作用のリスクが高くなります。これは排卵の誘発によって排卵が膨れ上がったり、腹水などの症状が起こるものです。その結果血栓症や腎不全、呼吸困難といった厄介な問題をもたらすこともあります。そのため、排卵誘発剤は効果の弱い薬から使用し、効果を見極めた上で慎重に治療を進めていくことが求められるのです。

排卵誘発剤には他にもいくつかの副作用があります。たとえば子宮内膜が厚くならない、子宮頸管の粘膜が少なくなってしまうなどです。この副作用には個人差があり、医師はよく確認した上で治療を進めていくことが求められます。

このように、多嚢胞性卵巣症候群の薬物治療を行う際には副作用のリスクを把握しておくことが求められるのです。とくに不妊治療の場合には覚悟が必要となるでしょう。治療を受ける病院選びや、万一副作用が発症した場合の治療なども念頭に入れたうえで治療計画を立てることも求められます。多嚢胞性卵巣症候群に関わる基礎知識として踏まえておきたいところです。