TOP > 多嚢胞性卵巣症候群の原因

多嚢胞性卵巣症候群の原因と妊娠に必要な身体の条件

妊娠出来ない原因を探すのも大切ですが、一体、どのような条件が揃えば妊娠が成り立つのかについて、知っておくことも大切です。心の持ち方やパートナーとの関係、ちょっとした生活習慣などが、体の中で作られる細胞に影響を及ぼすと言われています。妊娠のための条件を知っておくことで、体の内側だけでなく、積極的にタイミングを見ながら受精を狙うことが出来るなど、何かこれまでと比べ、少しでも良い効果が期待出来るかもしれません。

まず、前提となるのは、男女お互いの免疫機能や酵素が適合することが条件です。次に、卵巣機能や排卵機能が正常で、受精能力の備わった卵子が排卵されること、また受精能力のある精子が作られ、正常に排精されること。そして、それらが正常に受精し、着床、育成されていくことが必要になります。これらについては後ほど詳しく触れていきますが、最初にこれだけ聞くと、一体自分がそれらの条件に適合しているのか心配になる方も多いのではないかと思います。

一般的に、これらの条件が整わないと妊娠が成立しませんが、不妊症と判断された場合、これらの条件のうち、2つ以上について何らかの問題がある場合が多いと言われています。ただし、それらは何らかの治療や生活習慣の見直しによって変化が望める条件でもあります。病院で検査をしてもらうことで、夫婦それぞれの精子や卵子の受精能力やその後の胎盤での育成が可能かどうかといったチェックをし、問題があれば改善に向けて新しいスタートを踏み出すことになるかもしれません。

多嚢胞性卵巣症候群の原因の記事一覧

多嚢胞性卵巣症候群と妊娠

多嚢胞性卵巣症候群は妊娠の重大な障害となります。卵巣内に小さな袋(嚢)が多数発生し、数珠繋ぎのような状態になることを多嚢胞性卵巣症候群といいますが、この状態が進行すると卵胞の皮膜が薄くなってしまったり、正常な排卵が阻害されてしまったりして妊娠の妨げになってしまうのです。その結果なかなか妊娠できない、...

多嚢胞性卵巣症候群と妊娠の続きを読む>

多嚢胞性卵巣症候群

女性特有の病気のひとつに多嚢胞性卵巣症候群があります。「PCO」「PCOS」とも呼ばれるこの病気は卵巣に袋のようなものが多数発生してしまう症状です。この病気は判断が難しく、医師も診断に迷うケースがあるようです。残念ながら原因もまだよくわかっておらず、何がきっかけになるのか、どんな人が発症しやすいのか...

多嚢胞性卵巣症候群の続きを読む>

多嚢胞性卵巣症候群の治療

多嚢胞性卵巣症候群は治療が困難と言われています。なぜなら原因がはっきりと特定されておらず、卵巣内に嚢と呼ばれる小さな袋が多数発生してしまうため、それを防ぎ、除去することが難しいからです。では多嚢胞性卵巣症候群ではどのような治療が行われているのでしょうか。まず排卵誘発剤を使用した治療が第一に挙げられま...

多嚢胞性卵巣症候群の治療の続きを読む>

多嚢胞性卵巣症候群の薬物療法の副作用

多嚢胞性卵巣症候群の治療は、まず薬物治療からはじめられます。腹腔鏡下治療による外科的な治療も可能ですが、最初は排卵誘発剤を使用した治療を行うのが一般的なのです。卵巣内に発生した嚢によって排卵障害が起こるのが多嚢胞性卵巣症候群の大きな問題ですから、排卵誘発剤によってそれを和らげることが大きな目的となり...

多嚢胞性卵巣症候群の薬物療法の副作用の続きを読む>

多嚢胞性卵巣症候群の病院選び

卵巣に異常が発生する多嚢胞性卵巣症候群。卵巣内に嚢と呼ばれる2~5mm程度の小さな袋が多数発生し、数珠繋ぎのような形で連なってしまう病気です。この症状が起こると卵巣が正常に発達しなかったり、排卵が阻害されてしまうなどの問題が発生します。不妊症の重大な原因にもなるため、妊娠を望む女性はとくに早期の治療...

多嚢胞性卵巣症候群の病院選びの続きを読む>

多嚢胞性卵巣症候群と不妊症

卵巣内に多数の袋が発生し、滞留してしまう多嚢胞性卵巣症候群。これは不妊症の原因にもなります。滞留した卵胞の存在によって排卵障害が発生してしまい、正常な妊娠ができなくなってしまうのです。この多嚢胞性卵巣症候群が非常に厄介なのは原因がよくわかっていないこと。まだ充分な解明が進んでおらず、原因の特定や予防...

多嚢胞性卵巣症候群と不妊症の続きを読む>

多嚢胞性卵巣症候群と不妊

不妊に悩んでいる女性が増えているといわれていますが、その原因のひとつに多嚢胞性卵巣症候群があります。これは卵巣に卵胞がたくさん発生してしまい、正常な排卵を妨げてしまうものです。2~5mm程度の卵胞が卵巣内は多数発生することになります。ある統計によると女性の30%にこの症状が見られるとも言われており、...

多嚢胞性卵巣症候群と不妊の続きを読む>

多嚢胞性卵巣症候群の検査

不妊症の原因になる多嚢胞性卵巣症候群は早期の発見と治療が重要です。この症状にかかった患者のおよそ7割が排卵障害を起こすといわれており、妊娠を望む場合には的確な治療が求められるのです。では多嚢胞性卵巣症候群はどのような検査で判断することができるのでしょうか。まず日常生活の変化や異常から判断ができます。...

多嚢胞性卵巣症候群の検査の続きを読む>

多嚢胞性卵巣症候群の薬

多嚢胞性卵巣症候群の治療では排卵誘発剤が使用されます。卵巣内に嚢(小さな袋)が多数できて滞留してしまうこの病気、最大の問題は排卵障害をもたらすもので、不妊症の重大な原因となります。残念ながら現在ではまだ原因が特定されておらず、完治することも困難と言われています。それだけに排卵誘発剤をいかにうまく活用...

多嚢胞性卵巣症候群の薬の続きを読む>

漢方による多嚢胞性卵巣症候群の治療

まだ根本的な治療方法が見つかっていない多嚢胞性卵巣症候群の治療。排卵誘発剤が主な治療方法として採用されていますが、副作用のリスクが伴うなど安全面に問題があります。そんな中、漢方を活用した治療・改善に注目が集まっています。東洋医学を土台にした漢方は副作用が少ない、症状の根本から改善することができるとい...

漢方による多嚢胞性卵巣症候群の治療の続きを読む>